近代100年の歩み① ~明 治(1)(文明開化の世の中)

01.タイトル  近代100年の歩み① ~明 治(1)(文明開化の世の中)
02.登録番号 122 (購入日平成2年1月)
03.制作会社  学習研究社(学研)
04.メディア  VHS 20分モノラル
05.ジャンル  社会科・歴史
06.キーワード  日本近代史 明治史 新しい国づくり 富国強兵 文明開化
07.対象  小学校高学年~中学生
08.主な内容  
260年続いた江戸幕府は終わり、天皇を中心とする新しい文化が導入された。
日本の近代化のために殖産興業に力を入れ、富国強兵の名のもとに、強力な軍隊を組織するための制度、税制の改革のための地租改正などをあげる。生還論争や佐賀の乱、西南戦争と、政府は試練を次々と打ち破ってその地位を固めた。藩閥政治が強まるに従い、国民の批判も高まり、福沢諭吉、板垣退助などの自由民権運動の動きにより、国民の共鳴を得て、国会開設となる。大日本帝国憲法が生まれ、式典が行われた。戦争と近代文明への変遷の時代・明治の歴史(前編)。
 

表